NICHELINI WINERY

2015年5月2日(第7回ナパ・ソノマ飲み合宿8日目:最終日②


 第7回ナパ・ソノマ飲み合宿最終日、二軒目に向かったのはナパで最も古く、そして最も長く、一族でブドウとワイン造りを続けているNichelini Winery。

 

 シルベラードトレイルを東に折れ、Sage Canyon Rd.を上へ上へ。視界が開けたその先には巨大な人口湖ヘネシー湖が出現。この間人家などありません・・・。ただ、この辺りがいわゆるナパの隠れ銘醸地プリチャードヒルであることだけは、間違いありません・・・。

 

 まだまだ先へ進み、まるで平家の隠れ里のような山の中へ。途中、Kuleto Estateのゲート前で並んでるグループを見かけましたが、そのまま道なりに上へ上へ。ちょうど登りあげた辺りでしょうか、右側に峠の茶屋のような建物が出現!むむ!ここではないか?でも、ナビは左側を示してる(^_^;)。

 とは言っても、看板出てるし・・・。要は、ナビの間違いです。こんな山奥ですからね(^_^;)。通り過ぎたところに、ちょうど駐車場があり、早速先ほどの場所まで戻ってみました。

 ほら紛れもなく、こちらが我々が目指してきたNichelini Wineryです!もうね、音楽やら笑い声やらが階段の下から聞こえてきて、もっと鄙びたワイナリーかと思ってたのに、予想外に賑やか(⌒▽⌒)。我々も急いで階段を下りてみました!

 あは、すごい!ぐるっと見渡しただけで15、6人のゲストが思い思いの場所で飲んで(テイスティングして)まして、3代目御自らお出迎え。日本からやって参りました!とお話しすると、「実は我々は東京で結婚式を挙げたんだよ。」ととても懐かしがってくださり、さぁどんどん飲んで行っておくれ!的にカウンターへ誘導。

 

 「東京から来てくれたんだよ。」と5代目のかわいらしい(お名前忘れちゃった)に引き継いで、再びお出迎え役に。3代目の奥様はアコーディオンの生演奏してるし、家族、一族総出でお迎えしてくれるホームパーティーのような雰囲気でテイスティングさせて頂きました。

 週末のみノーアポOKのNichelini。しかも、Tasting料は基本無料。我々は白1、赤5の計6種類頂きました。

1) Nichelini Family Winery Old Vine Muscadelle Estate Napa Valley 2013 GOOD!

非常に珍しい古樹のミュスカデル。甘い、ソフト、マイルド、おいしい

2) Nichelini Family Winery Merlot Estate Napa Valley 2011 GOOD!

ロースト感、スモーキー感で美味しい!

3) Nichelini Family Winery Anton Reserve Estate Napa Valley

ジャミ―、タンニンあり。でも全体的に薄め。2011のCS80%と2012のMe20%

4) Nichelini Family Winery Reserve Zinfandel Estate Napa Valley2010 GOOD!

タンニンあり。ジャミ―。100%のザ・ジンファンデル系

5) Nichelini Family Winery Petite Sirah Estate Napa Valley 2010

タンニン有、華やかさはなく、全体的にソリッド

6) Nichelini Family Winery Porchilight350ml Estate Napa Valley GOOD!

甘さ控えめのココア風味。美味しい

19世紀後半に建てられたセラーとワイナリーを見せてもらいました。

あ、もちろん最新の機械入ってましたよ(^_^;)。


今回は4番目に頂いたリザーブのジンファンデルを購入。

⇒Nichelini Family Winery Reserve Zinfandel Estate Napa Valley2010 $41.00


 こちらのワインは、どれも$50以下と、ここ最近のナパでは信じられないくらいリーズナブル。これもきっと純粋家族経営主義を貫いているからこそ可能なのだと思います。我々の訪問ワイナリー100軒目(ナパでね)にふさわしい、伝統的なワイナリーなのでした。またうかがいますね!

 駐車場ランチを済ませた後、来た道を戻りながら、ちょっぴりヘネシー湖で休憩。週末、湖畔で釣りを楽しむご家族たちが楽しそうでした。さ、我々に残された時間もあとわずかってところで、Mr.Xから「あ、V Wine Cellarに行きたい!」とのリクエスト。そう言えば、今回あそこの品揃えをチェックしてなかったので、急きょ向かうことに。ヘネシー湖からヨウントヴィルまで、約20分。土曜日ですから駐車場もいっぱい(^_^;)。なんとか空きを見つけ、お店に向かってみると、なんとこの日は貸切イベント開催中・・・。ワインもあるけど、ビールがメインのチケット制の飲んだくれイベント。かなり迷ったのですが・・・、辞退させて頂きました・・・。


 こうなるとね・・・、ロジ担への重圧が増してくるのです。うーん、、、と頭をひねらせた結果、そういわれてみればナパのダウンタウンにあるBack Roomではテイスティングしてないなぁ、思い出し、とりあえず向かってみることに。ダウンタウンの駐車場のなんとかスペースを確保し、外に飛び出すと、あれ?この店新しくない?近づいてみると・・・・。


 し・シティーワイナリーとな?しかも樽から直接ひねれるではありませんか!恐る恐る中に入って、お話をうかがうと、白・赤・ロゼ計20数種類のワインを樽から直接グラスに注いで、オンタップで飲ませてくれるとのこと。これは飲まないわけにはいかないでしょう?


 まだ未訪問のSaddle BackのPV2012と同じく未訪問のBuhler CS 2012で喉を潤わせて頂きました。うわー、もっと早くこの店知ってたら、毎晩でも通っちゃったかも(^_^;)。Brown Estateが在庫切れだったのが残念だったけど、次回必ず来たいと思います!

 City Wineryを出て角を曲がればすぐのBack Roomで初めてのTasting。”The Big One"っておススメされてたXTANT NAPA VALLEY RED WINE 2008をテイスティング($5)。ナパのワイン造りの大御所3人で立ち上げたプロジェクトで、相当注目されてるらしいXTANT。うん、確かにBigだけど、Bigで終わっちゃった感じ。もう少しひねりが欲しかったかなl・・・・。ということで、残念ながら買い付けならず(^_^;)。


 15時もまわって、そろそろちょうどいい時間。ワイントレインのワインショップで今回2度目の発送をお願いに向かいました。

Previous Winery                                              Next Winery

 

第7回ナパ・ソノマ飲み合宿へ