BALDACCI FAMILY VINEYARDS

2012年4月28日(第5回ナパ・ソノマ飲み合宿1日目:V2V Open Houseにて)

 

 日本での知名度はいまいちですが、現地(ナパ)に行くと、カベルネ・ソーヴィニョンの評判が高いBALDACCI FAMILY VINEYARDS。1997年、Baldacchiご夫妻により設立。2000年が1stヴィンテージという、このエリアにしてはかなり新しいワイナリー。

 

 我々が合宿を行う度、訪問先候補となるものの、何故か実現できなかった赤のスペシャリストです。 要予約ですが、テイスティング料も$10と、このスタッグス・リープ地区では珍しい良心的な価格設定なんですけどね・・・。ほんと、今まで訪問してなかったのが不思議なくらいです(汗)。

 

 5軒目のILSELYを出た後、シルベラードトレイルを南下しながら向かってみると、ほら看板が!

V2V2012@BALDACCI
V2V2012@BALDACCI

おぉ!

今日は、V2Vゲストオンリーなのですね~。ありがとうございます!

 

そうですよね!

だって、BALDACCIでは15時までバンドの生演奏があるんでしょう?

そのために慌てて駆け付けたんですよぉ。

うわ。盛り上がってそう・・・。
うわ。盛り上がってそう・・・。
いたいた!ちょっぴりお爺ちゃんバンド(笑)
いたいた!ちょっぴりお爺ちゃんバンド(笑)

早速、楽しみにしていた赤を頂きます。

1) Baldacci Family Vineyards

  IV Sons Cabernet Stags Leap District 2008 $35 (左)

 と

2) Baldacci Family Vineyards

    Black Label Cabernet Sauvignon Stags Leap District 2008 $65(右)


なるほど~。うーん。贅沢な味わい・・・。

 

地元での評判が高いのがよーく分かります。

美味しいという言葉より、味わい深いという感じ・・・(嬉)。

 

ただね。

既にこちらで6軒目。

正直な話。

あまり味の差を感じなくなっちゃいました~(汗)。

 

というのも、本当にカベルネはどこも良く似てる。

 

 恐らく、スタッグス・リープのカベルネってプロト・タイプがあるのか?あるいは、やはりブドウによるところが大きいからこそ、似てくるのか・・・?はたまたマーケティング的にスタッグスリ―プのカベルネのイメージに合わせたワインメイキングがなされるのか・・・?

 

詳しいことはわかりませんが・・・(汗)。

 

それはそうと。

こちらのワインのお伴は、焼き立てのローストビーフ。

レア感たっぷりのお肉。

うわ、もうピッタリのペアリングです!

ちょうど切りたてだったので・・・
ちょうど切りたてだったので・・・
むふっおいしい・・・。
むふっおいしい・・・。


 会場には、”俺たちワイン好き!”みたいなロゴの入ったお揃いのTシャツを来た10人程度のグループや、家族連れ、カップル等々が30人ほどいて、それぞれ勝手に楽しんでましたけど、共通してたのは、みんな酔っ払い(汗)。

 みんな朝から飲んでるのでしょう?やっぱり西洋人ってアルコール耐性が強いのでしょうか・・・。

感心してしまいました。

 

さぁ、残り時間もあとわずか。

次に向かいましょう!

 

Previous Winery                                                                                  Next Winery